ウーマン

化粧品を使って目の下も若返る|しわにもさよなら

肌にうるおいを与えるもの

基礎化粧品

水分と油分を整える

保湿化粧水は、乾燥肌には欠かせない化粧品の一つといえます。乾燥肌は、水分が不足することで起きやすくなりますが水分だけ不足しているのではなく実は油分も同時に不足しています。つまり、肌を保護するものが何もない状態になります。そのため、乾燥して肌がつっぱったり痒みが起きるようになります。保湿化粧水の選び方は、保湿成分が多めに含まれているものや高濃度の保湿成分が含まれているものを選ぶことです。乾燥しやすい肌の人は、アルコールや香料などの刺激となるような成分が含まれている化粧水を使うと肌にしみることがあるのでなるべく刺激となるものが含まれていない化粧水を選ぶようにします。使ってみて、自分の肌に合うようであれば使い続けると良いです。

化粧ノリが良くなる

保湿化粧水を使い、その後乳液やクリームなどで取りこんだ水分を油分で蓋をすることで完璧な保湿が出来ます。しっかり保湿が出来ると肌は潤い、もちもちとした柔らかい手触りになり見た目的にもきめ細かく美しくなります。更に、化粧ノリが良くなるので化粧が途中でよれるといったことも長時間化粧をしていても防ぐことが出来ます。乾燥は肌の老化を招き、シワやたるみを促進させるのでしっかりと保湿が出来ればエイジングケアにもなります。化粧水を潤いのあるものに変えるだけでも、乾燥から肌を守り若々しい肌をいつまでも維持することが出来ます。洗顔後になるべく時間を置かずに、肌が乾く前にすぐに化粧水を浸透させることも大事になります。